相続で苦しめられる人を0に

相続全般

 1 遺言が存在せず、相続人間で遺産分割協議がまとまらないケース

 2 遺言は存在するが、遺言無効ないし遺留分減殺請求等の紛争が発生しているケース

争族リスク診断6

但し、各料金については、事案により異なる場合がございますので、ご相談を受けた際に別途見積金額を提示させていただくことがあります。

 3 相続放棄・限定承認

相続放棄・限定承認については、その選択により、税務上大きな差が生じます。

相続放棄と限定承認、どちらを選択すべきなのか、こちらの判断まで含めた対応をさせていただきます。

争族リスク診断5

お電話の際は、「伊勢田」をお呼び出し下さい。 TEL 03-5226-5755 受付時間10:00~18:00(平日)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 終活弁護士 伊勢田篤史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.